トピックス
三菱ガス化学様から【二軸押出機】書籍の推薦文が届きました
「豊富なデータと実例、理論と実験の両面からの解析に基づいて解説されている名著です」

三菱ガス化学(株) 取締役常務執行役員 機能化学品カンパニープレジデント 林勝茂様 より


 本書の著者である橋爪氏と出会ったのは今から25年ほど前、あるエンジニアプラスチックのプロセス開発に携わっていた時でした。そのプロセスは従来技術に比べ大幅なコストダウンが可能となる画期的な技術でしたが、二軸押出機を使った最後のプロセスにおいてどうしても目標スペックに到達できずギブアップ寸前に追い詰められていました。そのような状況の時に当時大手押出機メーカーの技術者であった著者が現れ、極めて短期間でその問題を解決してくれたのです。

 私は化学工学の基本理論が確立されている反応、蒸留、乾燥のような単位操作とは違い、押出に関しては経験知をもとに実験を繰り返しながら試行錯誤の中で答えを見つけていくものと考えていました。しかし、著者は取り扱う物質の物性値といくつかの実験データから方程式を解くように二軸押出機の装置構成と運転条件を決め、最初の実験で見事に目標値をクリヤしたのです。それはまるで魔法を見るかのようでした。本書の中にもその時の技術に関わる一章がありますが、そこには、あれは魔法なんかではなく精緻な理論に裏打ちされた当然の結果であったことが明快に示されています。

 本書の中では二軸押出機のハード、ソフト両面に関わる広範な技術が豊富なデータと実例を挙げて詳細に述べられています。特筆すべきは、そのひとつひとつの事例について理論と実験の両面からの解析がなされており、更にモルフォロジーの観点からの議論もなされていることです。多くの図表や写真、参考文献が読者の理解を深めるに大変有効に使われているのもこの著書の特徴です。

 二軸押出機の専門書はこれまでも多数発刊されていますが、本書ほど充実した内容の著書は稀有であり、長年にわたり押出機トップメーカーの技術者として現場の最前線で活躍し、また、学術的にも押出機研究のスペシャリストである著者の集大成とも言うべき名著です。押出に関わる技術者のみならず全てのエンジニアに役立つ一冊と確信します。


<林様のご経歴>
 1981年 三菱ガス化学株式会社入社 本社研究所
 2000年 総合研究所主席研究員
 2001年 機能化学品カンパニー四日市工場研究開発部長
 2006年 機能化学品カンパニー企画開発部長
 2008年 機能化学品カンパニー四日市工場長
 2010年 執行役員就任 機能化学品カンパニー鹿島工場長
 2011年 執行役員 機能化学品カンパニー合成樹脂事業部長
 2013年 取締役常務執行役員 機能化学品カンパニープレジデント 
 研究所、工場勤務時には、主にポリカーボネートのプロセス開発、機能性樹脂の研究開発に従事。
 

書籍 「二軸押出機~スクリュ設計・混練・分散・品質予測と応用技術~」 の詳細は以下より御覧ください

⇒ 【書籍ご案内ページ】
 

 
 
▲このページのTOPに戻る