特集
市場・顧客志向の『価値づくり』研究開発マネジメントセミナー
 
~時代は「ものづくり」から「価値づくり」へ~

自社の「ものづくり」の発想から、市場・顧客が大きな価値を享受できる製品の実現
「価値づくり」への発想への転換が、今日本の製造業に求められています。
技術力が各企業間で均衡し、コスト競争では海外との勝負にさらされるなか、機能的に他社よりも優位性を持った商品を
出し続けることは至難の技に近い状況です。
弊社では、各企業の技術・研究開発力を製品の質の向上ではなく、市場・顧客が対価を払えるような
価値をつくるためにマネジメントしていくために、主に下記の4つの視点でセミナーを展開してまいります。


また、一人でも多くの御社の方が「価値づくり」のためのマネジメント・戦略の重要性・指針を共有し、継続的に複数視点からの知識を積み重ね、着実な成果を上げていくためにご利用頂ける 「価値づくりセミナー専用クーポン」 の発行や、
講師によっては別途「
アフターフォローサービス」もございますので、どうぞこの機会にご利用ください。
※価値づくりセミナー専用クーポンやアフターフォローサービスについては本ページ下段をご参照ください。 
 
    
 
【講師の声】 日本の製造業の失われた20年の原因は、誤解を恐れずに言えば、偏狭なモノづくりにあります。偏狭なモノづくりとは、日本企業のQCDの内のQualityにおける強みを金科玉条の如く取扱つかってきたことを意味します。顧客はモノやそれこそQualityにお金を払う訳ではありません。顧客は享受する価値に対してお金を払うのです。したがって、企業の全ての活動は、いかに大きな顧客価値を生み出すかを中心に展開すべきであり、その中でも大きな顧客価値の創出において、研究開発部門の役割と責任には、極めて大きなものがあります。
「価値づくり」を目指した研究開発を実行するには、組織内で様々な改革を行わなければなりません。今回、サイエンス&テクノロジー社は、「価値づくり」を目的としたセミナー群を企画しています。是非ご参加を検討いただければと思います。 
(ベクター・コンサルティング 浪江一公 氏)

↓↓ 随時更新中!現在参加受付中セミナーの紹介はこちら ↓↓
6月 自社保有技術をベースとしたテーマ創出
日程: 2017年6月19日(月)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京・品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏
 

自社保有技術をベースとした
テーマ創出方法とそのメカニズム

★要素技術機能展開法を
使ったテーマ創出活動の全体体系★

[プログラム抜粋]
1. 要素技術機能展開法を使ったテーマ創出とは
2.革新的テーマ創出のメカニズム
3.要素技術機能展開法の全体のプロセス
4.ステップ0:目的の共有
5.ステップ1:対象市場の設定
6.ステップ2:対象市場のプロファイリング
7.ステップ3:コア技術の設定
8.ステップ4:対象コア技術の選定
9.ステップ5:対象コア技術の機能への展開
10. ステップ6:製品アイデアの創出
6月 マクロ環境分析
日程: 2017年6月26日(月)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京・品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏
 

4つの思考拡大法を用いた
研究開発テーマ創出に結び付く
マクロ環境分析

★マクロ環境分析の効果、
問題点とその対処法、
シナリオプラニング、PEST分析 ★

[プログラム抜粋]1.マクロ環境分析とは
2.なぜ今マクロ環境分析なのか?
3.マクロ環境分析のその他の5つの効果
4.日本企業のマクロ環境分析の問題点とその対処法
5.顧客価値拡大モデル(VACES)
6.思考拡大の枠組み(PEST)
7.発想法(MECE)
8.隣接可能性に基づく専門家意見の聴取 (AP)
9.マクロ環境分析の全体プロセス
10.ステップ1:視野の拡大と初期発想
11.ステップ2:ピラミッドの叩き台の作成
12.ステップ3:情報の収集とピラミッドの進化
13.ステップ4:第三者・専門家意見の聴取
14.ステップ5:ピラミッドの完成
15.ステップ6:新事業、ビジネスモデル、コア技術発想等

 
7月 高収益企業解剖
日程: 2017 年7月4日(火)

時間: 10:30~16:30

開催地: 名古屋市内


講師: (株)」ニューチャーネットワークス
     取締役 シニアコンサルタント 
     福島 彰一郎 氏

 

【名古屋開催】
<成功事例から学ぶ>製造業における
高収益企業の仕組み、取り組みの徹底解剖

継続して高収益を生む企業は何を押さえているのか

[プログラム抜粋]
1.事例から学ぶ高収益ビジネスのポイントとは
~消費財の場合~
2.事例から学ぶ高収益ビジネスのポイントとは
~生産財の場合~
3.戦略構想の流れと技術マーケティングとは
4.競合他者に圧倒的な差をつけるための
「ベンチマーキング」とは
5.ケース演習
~異業種ベストプラクティスからの学びと応用アイデア発想
 
7月 マーケティング
日程: 2017年7月28日(金)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏
 
研究開発部門が担うべき
マーケティングの知識と活動【基本理論編】

★研究開発・技術部門しか創出
できない『顧客』価値を実現するためのはじめの一歩★

[プログラム抜粋]
1.はじめに 
2.研究開発部門が置かれている環境
3.研究開発部門のあるべき姿
4.研究開発部門の課題とマーケティングの関係
5.研究者・技術者が押さえておくべきマーケティングの重要概念
6.良いテーマの創出力強化のために
7.事業推進力の強化のために
8.最後に
 
8月 テーマ創出
日程: 2017年8月8日(火)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京・品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏


革新的テーマを組織として
『継続的』に創出するメカニズムと
『体系的な大きな』仕組みづくり

★競合に先んじて新規テーマを
創出するための様々な方策・活動とその運用★

[プログラム抜粋]
【1】なぜ革新的テーマの創出が必要なのか?
【2】斬新的アイデアを継続的に創出するメカニズム
【3】顧客価値の提供機会を見つける視点
【4】革新的テーマ創出に向けてのスパークの為の3つの原料
【5】スパークを起こし革新的テーマを創出するための4つの要件
【6】グループ討議
【7】最後に
 
8月 マーケティング【実践編】
日程: 2017年8月22日(火)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京・品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏



研究開発担当者・技術者が行うべき
マーケティング活動の全体像
(マーケティング・サイクル)の把握と
その具体的活動【実践編】

★研究開発・技術部門に
しかできない顧客価値の生み出し方 ★

[プログラム抜粋]
1.はじめに 
2. マーケティングの必要性の認識
3.マーケティングの基本知識の理解
 押さえておくべきマーケティングの重要概念(抜粋)
4.マーケティングの組織制度の構築
5.日々の具体的マーケティング活動の実行
6.顧客との面会アポイントメント
7.情報発信
8.顧客からの問合せ
9.顧客との面会と情報入手
10. 情報蓄積・分析・整理
11. その他情報収集
12. 社内の「市場情報」データベース
13. 対象市場セグメント設定・変更
14. テーマ創出・変更
15. 発信・提案内容の作成・修正
16. グループワーク
 
9月 市場分析・競合他社分析
日程: 2017 年9月26日(火)

時間: 13:00~16:30

開催地: 東京・品川区


講師: (株)」ニューチャーネットワークス
     取締役 シニアコンサルタント 
     福島 彰一郎 氏

 

技術者・研究者のための
市場分析・競合他社<ベンチマーキング>分析と
情報収集の進め方

市場分析・競合分析・
市場情報収集のフレームワーク・ポイント

[プログラム抜粋]
1.製造業に必要な思考とは
 ~「技術」で勝って「事業」でも勝つ~
2.事業で勝つための戦略企画とは
3.戦略企画のための市場環境分析
4.競合他社ベンチマーキング分析とは
5.市場調査ポイント:2次情報
6.市場ポイント:1次情報
10月 技術マーケティング
日程: 2017 年10月11日(水)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京・品川区


講師: (株)」ニューチャーネットワークス
     取締役 シニアコンサルタント 
     福島 彰一郎 氏

 

【京都開催】
いまからはじめる
技術マーケティング講座

技術者にしかできないマーケティングがある 

[プログラム抜粋]
1.技術マーケティングの事例 ~価値開発と技術開発~
2.技術者だからこそできるマーケティングがある!
3.生産財メーカーにおけるマーケティング・ミックスとは
4.技術マーケティング戦略を発想するための
 さまざまな切り口
5.市場調査のポイント
6.技術マーケティング戦略策定の流れ
 
▲このページのTOPに戻る