特集
【特集】自動車関連技術・材料
サイエンス&テクノロジーが贈る自動車関連技術・材料セミナー・書籍の特集です!
内燃機関の高効率化、蓄電池などの駆動電源の開発、車体軽量化に向けた樹脂・複合材料の適用など、多岐に渡る技術が結集される自動車産業! 本特集ページでは日本の基幹産業である自動車関連技術に関するセミナー・書籍をご案内しております。 情報収集・技術開発の指針・最新動向の把握にぜひご活用下さい!
制振・遮音・吸音材料と自動車室内の振動・騒音
【セミナー】
 環境性能の観点から燃費向上のため車両の軽量化は必須の検討項目となっており、制振材・吸音材・遮音材などの防音材料も質量に対する騒音抑制の効果(質量効率)を大きくすることが求められている。
 本講演では防音材の質量効率を向上させることを目的に、仕様の適正化などを検討した事例について紹介する。
車載カメラとレーザレーダ:センサフュージョン技術
【セミナー】
 自動運転に向けて、より信頼性の高い物体認識手法が求められています。そのためには、車載カメラとレーザレーダによるセンサフュージョン技術が本命と思われます。本講では、車載カメラに必要とされる画像処理アルゴリズムの基本と、レーザレーダによる物体認識手法を述べ、更に両者を融合するセンサフュージョンについて解説します。
自動車マルチマテリアル化、接合技術と車体構造
【セミナー】
 最近拡大している自動車の車体のマルチマテリアル化の動向、材料の適材適所の考え方、すなわちどこの部位、どの材料を適用するのがよいのかを解説するのと、キー技術である接合技術について、同種材、異種材接合について紹介するとともに課題等について説明する。さらに、今後の動向として、材料、接合、構造について説明する。
進化する 自動車加飾の技術動向
【セミナー】
本物感、メタリック感や手触り感などの視覚的感性価値・デザイン性の向上と併せて、塗装レス化や適用基材の拡大など、プロセス的優位性も求められる自動車の加飾技術の進展状況はいかに!? 自動車の内装に求められる加飾デザインの要件と、自動車の価値を高める様々な加飾アプローチの中から、3つの台頭する技術の現状をご紹介します。
車載半導体製品における実装技術と周辺技術
【セミナー】
 現在、自動車は環境面、安全面に配慮し、脱エンジンや自動運転化など、自動車史に残るであろう大きな転換期に直面している。このような自動車の機能進化を下支えしているのが半導体製品であり、それを具現化するのが半導体実装技術である。
 本講は車載半導体製品及び、それらの実装技術、さらには車載実装技術開発に欠かせない信頼性を理論的に担保するために必要な基盤技術について解説する。
48Vシステム 欧州勢の思惑と日本の技術開発の方向性
【書籍】
48Vシステムは、ますます厳しくなっていくCO2排気量規制に、どのくらい貢献するのか?
具体的な燃費改善効果を検証し、日本企業は市場参入するべきか、今後の技術開発や市場へどのように影響するかを説いた一冊
 
自動車排熱回生技術 デバイス開発・システム化技術
【書籍】
●自動車メーカが考える「開発を推進すべき技術」とは?●実用化の兆しが見えてきたランキンサイクルシステムの設計コンセプト●欧州も含めた熱電デバイス開発動向と車載用システム設計の要点●ケミカルヒートポンプシステムによる排熱利用の設計コンセプト●排気熱回収器、燃料改質システム、蒸気液体ピストンエンジンの開発事例と燃費改善効果を解説。
リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術
 【書籍】
LiBの高性能化に向けた新たな正極・負極活物質開発のヒントがこの一冊に!5V級Mnスピネル、リン酸バナジウム、層状酸化物、硫黄正極、シリコン・スズ系合金酸化チタン負極など次世代材料の検討例を豊富に掲載。素材選定・合成プロセス・組成調整例や、得られた特性データなどを研究者自身が解説しています。
五感で捉える自動車内装・室内空間の快適化技術大全
【書籍】
「触る、見る、匂う、聞く、感じる」人間を科学した喜ばれる自動車づくりの必読書!
居住空間としての自動車室内。市場に求められるのは消費者の感覚を刺激する【快適性】。
日本人が世界で一番こだわる内装・室内空間への快適化技術を網羅!
▲このページのTOPに戻る